恵方巻き
c0032796_1223133.jpgc0032796_1223142.jpg今年も巻きました。
一年ぶりのわりにはきれいにできました♪

右のは母伝来の「巻き方」。
末代まで伝えなければなりません!?



1月の目標、お弁当作りも無事クリアーでき、赤ちゃんも夜はまとまって眠れるようになってきたので
2月の目標は朝寝坊をやめること、にしよう。
(低レベルだ〜)
みんなの朝の様子を観察することも大事だからね…。
[PR]
# by veronique7 | 2011-02-04 12:23 | 日記
草刈メソッド その後
お腹ひきしめに効果あり!
毎日がんばろ~

草刈メソッド DVD&BOOK

草刈 民代 / マガジンハウス


[PR]
# by veronique7 | 2011-01-29 11:11 | 日記
あんよ
先日、夫が 「おてて、あんよ」 と赤ちゃんをあやしていたら、横から次男が聞いてきた。

「あんよって何?」

何と、あんよ、という言葉を聞いたことがない、知らないと言うのだ。
これには思わず夫と顔を見合わせてしまった…。

以前から、彼のアンバランスな言語感覚を夫や母とおかしがったり、かわいがったりしていたが
おぼろげながら感じていた次男の心の内が、今やはっきりと見えてきたような気がする。
安易な同情や想像をしたり、次男に無理やり心の内を尋ねたりすることはできないけれども…。

彼は、ママが亡くなった後、その辛さや悲しみを感じなくてすむように
赤ちゃん時代や幼年期の楽しかった思い出も
すべて強制終了してしまったのだ。
むろん無意識のうちに。
幼い小学生はそうしなければその後の人生をやり過ごせなかったのだろう、と思う。
そして彼の精神性や感受性はそこで止まってしまっている。

だからいまだに小学生低学年のような感性で質問をしてきたり
(鰹節って動くの?というような質問)
当たり前のはずの生活習慣が身についていなかったりする。
よく虚ろな目をして心の中が空っぽになっていて、人の話が聴こえていない。
そうかと思えば、大人の使うような熟語を並べたり。

どうすればいいのだろう、とその夜はため息をつきながら寝た。

ところがその翌日から、次男は暇さえあれば赤ちゃんに
「おてて、あんよ、」 「おはよー」 「おふろ〜」
と語りかけを始めた。
今までしたことのない伸びやかな笑顔を浮かべて。

これは、人前でハキハキとものが言えない彼の、何よりの発声練習だ。
赤ちゃんの言語獲得を通して、彼も一緒に、生きていくうえでの
しっかりとした基盤を、彼自身の 「あんよ」 を獲得してくれたらいいな。

赤ちゃんとの時間を過ごすことで、
失われた幼年時代を取り戻すことができればいいな。

幸せな時代の思い出をほんとうに再生させることができたら、
喪失の悲しみとともに生きることができるようになる、
そうしたら彼はもっと強くたくましい、やさしい大人になれると思うのです。
[PR]
# by veronique7 | 2011-01-26 11:21 | 日記
SUPERMUM
今年は中学校の始業式がなんと11日。
通常どおりの日々がやっと始まりました。

年内は長男のお弁当作りを免除してもらっていたのだけど、
(次男は給食なので助かります)
この機会にお弁当作りも再開。

男の子なので正面きっては言えないけど、どうも作ってほしそうにしているので…。
かわいい奴。

高校は学食があるのでそれでいいだろう、とたかをくくっていたのですが
どうやら学食は強豪野球部の上級生に占拠されているらしく
おとなしい下級生が入れる場所ではなさそう。
(ママ友情報)

それではお母さんがんばりましょ!!
3時〜5時のどこかで授乳に起きたついでに作ってしまい、
一人で朝食をとってから、皆がぞろぞろ起きてきたところで
「後はよろしく」と二度寝しています(笑)

意外なところで一人静かに過ごせる時間が見つかり、結構これは良いかも…。

*******

年末に友達から輸入物のしゃれた手帳をプレゼントされました。
きれいな青みピンクの革の表紙に銀色で
SUPERMUM
と印字してあります。

すぐその気になりやすい単純な私。
今年の標語をこれに決めました。

子育てに完璧ということはないし、
SUPERMUMには程遠い私ですが
こんな言葉があるだけで、気持ちが上向きになります。
友よ、ありがと〜♪
手帳は何に使おうかな?
[PR]
# by veronique7 | 2011-01-13 12:32 | 日記
明けましておめでとうございます
c0032796_1156552.jpg

明けましておめでとうございます。

今年も皆様にとって幸多き年となりますように。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by veronique7 | 2011-01-02 11:56 | 日記